キャンプをもっと楽しむ

キャンプの洗い物は持って帰ると逆に楽かも!2度洗いするなら持ち帰ろう!

キャンプの洗い物って大変ですよね。自宅でする洗い物も大変なのに、キャンプ場でやる洗い物はさらに大変です!

サイトと炊事場を行ったり来たりしなくてはならないし、一回洗ってしまうともう一度コップを使うのにためらってしまったりで地味にストレスが溜まります。夏ならすぐ乾くけど、秋冬キャンプだったら乾くまでに時間がかかってしまうのもストレスです。

キャンプ場に連泊する場合は洗い物をした方が良いと思いますが、キャンプ場にいる最後の日の洗い物はいっそのこと洗い物を放棄してみませんか?頑張って洗い物をするより逆に楽かもしれませんよ。

キャンプの洗い物は持って帰る!最後の日は洗い物フリーで!

キャンプ最後の日は、洗い物を出すのが嫌だからカップ麺などの洗い物をださない朝食をとったり、紙コップを使ってはいませんか?

折角キャンプに来たのにそんな食事だと味気ないですよ。いっそのことお皿やコップなどの食器を使わないと考えるのではなく、洗い物をすることの方をやめるという逆転の発想をしてみましょう!

どうせキャンプ場で洗い物をしても、自宅に持ち帰ってまたお皿やコップ、料理道具を洗ってはいませんか?キャンプ場では綺麗になったように見えても、自宅に持って帰るとなんだか汚く感じてしまうものです。

自宅でいつも使っている洗剤やスポンジでいつものやり方で洗わないと洗った気にならないんですよね。食洗機で熱い温度で洗わないと衛生面が気になるという方も。

どうせ2度洗いするなら、最後の日の洗い物は諦めて、もっとキャンプを楽しむ時間を増やしましょう!

スポンサーリンク

キャンプの洗い物は持って帰る!ウェットシートで軽く拭き取るだけ!

さて、最後の日の洗い物はしなくて良いということになりましたが、そうはいっても汚れがたくさんついているものを車に入れるのは抵抗がありますよね。

さすがに使った後の食器そのままだと汚いですよね。そんなときは軽くウェットシートで汚れを軽く拭き取りましょう。キッチンペーパーでも良いですね。

目立つ汚れを気にならなくなるまでウェットシートやキッチンペーパーなどで拭き取ったら洗い物は終わりです!

気を付けたいのは、カレーなどのべっとりした汚れをウェットシートだけで拭き取るのは骨が折れるので最後の日の食事は汚れが目立たなくて拭き取りやすい食事にした方が良いですね。水洗いした方が楽なんてことになったら元も子もありません。

汚れが付きにくくて拭き取りやすい食事というのは、あっさりめのスープやうどんなどの汁物系、白米などの白い食べ物も汚れが目立たなくて良いですね。

キャンプの洗い物は持って帰る!拭き取ったら専用のカゴに入れて持ち帰ろう!

洗い物をあらかた車に入れても抵抗がない程度に吹き終わったら、袋などにいれて終わりです。洗い物を入れる専用のバスケットがあるとさらに便利ですよね。

洗い物専用のバスケットを持っていれば、最後の日以外でも、洗い物をするときにサイトと炊事場を移動するときに便利です。洗い物って一度には持ちきれなくて何回か往復することもあるので、全ての洗い物を入れるバスケットがあれば便利ですよ。

洗い物をまとめておけば、自宅に持ち帰ったあとも洗うものがハッキリしていて楽です。

まとめ

キャンプの最後の日に使った食器類は洗うことをやめて持ち帰ろうということを紹介しました。

キャンプ最後の日はテントやタープの撤収や片付けが盛りだくさんなので、省略できるところはとことん省略しましょう。省略して出来た時間を、自然の中で本を読んだり、ゆっくりコーヒーを飲んだり、森の中を散策したりとキャンプを楽しむことに使いましょう。

どうせ自宅に帰ってから食器を2度洗いしているなら、バスケットに洗い物を放り込んで洗い物から解放されましょう!

キャンプでの洗い物で悩まされているなら参考にしてみてくださいね。