キャンプ道具

あると便利なキャンプで使える消耗品リスト!忘れずに持っていこう!

キャンプをするのに必要なものはテントやタープばかりではありません。この記事ではキャンプに持って行くと便利な消耗品の紹介をします。筆者が毎回キャンプに持っていっているものばかりです。

スーパーのビニール袋

スーパーでもらうビニール袋は便利で色々な使い方が出きるのでキャンプの持ち物に入れておきましょう。

使い方の例としては、簡易的なゴミ袋として使ったり(ちゃんとしたゴミ袋はキャンプ場指定のものを使用しましょう)、細かい荷物を入れるのに使ったり、塗れやすい洗剤やスポンジを炊事場とサイト間の移動の際に入れておくのに使ったり、急な雨で濡れてしまった靴を車内に入れるときに靴を入れるのに使ったりするなどビニール袋の使い方は様々です。

特に使い方が思いつかなくても、キャンプで作業していると急に必要になることがあるのでいざというときのために荷物の中に忍ばせておきましょう。

スポンサーリンク

大きなゴミ袋

ビニール袋よりも大きなゴミ袋を持っておくと便利なのでこれも用意しておきましょう。ゴミを捨てるためのゴミ袋はキャンプ場が配布しているキャンプ場指定のものを使うことになるのでゴミを捨てるために用意するのではありません。

雨の際に濡れてしまったタープやテントを入れるのに使います。簡単に畳んでビニール袋に入れるだけなので撤収が早くできます。
他にも絶対に濡れて欲しくない家電や道具を入れておくのにも使えますね。
大きなゴミ袋は100均でも売っているのでとりあえず買っておいてこれもキャンプ道具の中に忍ばせておきましょう。

キッチンペーパー

キッチンペーパーは濡れたテーブルをふいたり、撤収の際に泥がついてしまった椅子の脚をふいたりととても便利に使えます。ティッシュペーパーよりも丈夫なので濡れた手をふくこともできますね。もちろん料理の際に油を拭き取るなどの本来の使い方も出来ますのでキャンプ中のいろいろなシーンで使えます。使ったら捨てるだけなのも楽です

最近では通常のキッチンペーパーよりも破れにくいキッチンペーパーが登場しているのでそちらの方がキャンプに持って行くのに向いてそうですね。

トイレットペーパー

トイレットペーパーもあると便利です。

高規格キャンプ場ではあまりないことですが、キャンプ場のトイレのトイレットペーパーが切れていることもないとは言えません。基本はちゃんとトイレットペーパーが備え付けられていることがほとんどですが万が一を考えて持って行くと安心です。

トイレットペーパーとして使わなくてもティッシュペーパーのように鼻を咬むのに使えます。
破れやすいのでキッチンペーパーより使う場面は限られますが、荷物に余裕があるなら入れておいた方が良いでしょう。

アルミホイル

バーベキューをやる人はアルミホイルを持って行くと片付けが楽になって便利です。
使い方はバーベキューコンロに炭を入れる前にアルミホイルを敷いておくと片づけの際に炭をアルミホイルごと運べるようになるので楽になります。コンロにも汚れが付きにくくなります。
注意して欲しいのは、家庭でよく使うタイプの薄いアルミホイルでは薄すぎて溶けてしまうので、キャンプ用として売られている厚みがあって耐熱性のあるアルミホイルを使うようにすることです。

耐熱性の高いアルミホイルの他に通常の家庭で使うアルミホイルも便利なので余裕があれば入れておくとよいでしょう。使い方は食材をアルミホイルに包んで焼くこともできるし、折り畳めば簡単な小皿としても使えます。あまり頻繁に使うことはないかもしれませんが、一度荷物のすみっこに入れておけば長く使えますよ。

紙コップ・紙皿・割り箸類

キャンプ用の食器やカトラリーを持っている方でも紙コップや紙皿、割りばしを持っていると便利です。

理由は食事が終わって食器洗いをした後や、撤収の最中にも喉が渇くことがあるので、そういったときに洗い終わったコップを使うとまた洗う必要が出てくるので使うのをためらってしまうからです。その場合は使い捨てが出来る紙コップを使えばコップを洗う手間がなくなるので便利です。粉をかき混ぜるタイプのスープを飲むときにも割りばしが使えますね。

紙皿も手持ちの食器だけでは足りなくなってしまったときに使えます。こういった使い捨ての道具を入れておけば、毎回は使わなくても、食器洗いが面倒だと思うときには「今日は全部使い捨てを使おう」と思い立って使うことが出来るので便利です。

石鹸由来の食器用洗剤とスポンジ

手持ちのカトラリーがあるなら食器洗いをする必要がありますよね。その時に必要になるのが食器用洗剤とスポンジですよね。キャンプ場によってはどちらも備え付けのものがある場合もあるのですがどちらもない場合もあります。

特に洗剤は合成洗剤の使用を禁止しているところもあります。そういったキャンプ場では石鹸由来の洗剤の使用を義務づけていることが多いので、自分で用意する食器用洗剤は石鹸由来のものにしておくと安心です。

スポンジはよくある通常の食器洗いスポンジで構いません。備え付けのスポンジがある場合もありますが、他人も使用しているし汚れて汚くなっている場合も多いので自分用のスポンジがあるとよいでしょう。

まとめ

キャンプに持っていくと便利な消耗品のアイテムを紹介しました。消耗品は買うと多めにまとまっているので、一度買ってキャンプ用の収納ケースに入れておけば毎回補充することもありません。100均などでさくっと買ってキャンプ用の収納ケースに入れておきましょう。

キャンプに行く前はどうやって使うかイメージが出来なくても、いざ行ってみると「あれを持ってくれば良かった」と思うことが多いので面倒臭がらずに持っていくのをお勧めします。