キャンプ道具

一般的なキャンプ道具の説明!少しずつお気に入り道具を集めよう!

最初はレンタルで満足でも、何回もキャンプに行くようなら自分専用のキャンプ道具も欲しくなりますよね。

今回はキャンプで使う一般的なアイテムの紹介をします。これだけ揃えればフリーサイトでもキャンプできますよ。

お気に入りのキャンプ道具が増えていくと、キャンプも快適に出来るようになってくるし、はたから見ればいっぱしのキャンパーにも見えるのでモチベーションも上がります。

全部一遍にそろえるのは大変だと思うので、自分に必要だと思うものから少しずつ揃えてみてくださいね。

日除け・雨除けに必要なタープ

タープは日除けや雨除けのためにサイトに設営するものです。キャンプ場での直射日光は平地よりも強いです。また、突然雨が降る場合も多いのでそういったときにタープがあると雨を遮ってくれるのでキャンパーにとっては頼もしい道具です。

筆者もテントは設営しない場合でもタープは必ず設営しています。そのくらいタープはキャンパーにとっては必須の道具です。何度もキャンプに行くならぜひ手に入れておきたいですね。

タープには大きく言って2種類あります。

一枚布タープ

一枚布のタープは、一枚の布をポールやロープを使って張って、屋根のように使うタイプのタープです。

一枚布なので屋根部分しか作ることが出来ず、壁の部分を作ることは基本できません。大きいタープなら布を折り曲げて屋根部分と壁部分を作ることができますが、壁で全てを囲むことはできないので横殴りの雨や風には弱いです。その分、外と内側を完全に断絶するわけではないので解放感を感じながら日除けや雨除けをすることができます。

また、使用するのは一枚布とポールやロープだけなので比較的設営・撤収が簡単で、収納性も高いです。初心者の方が最初に手に入れるタープに向いています。

一枚布の形によってもタープの設営の仕方や特徴が違います。

ヘキサタープ

ヘキサタープというのは文字通り6角形(ヘキサゴン)の形をしている一枚布のタープです。広い面積のタープを比較的簡単に設営することができます。基本の作り方は、一枚布の六角形の頂点を結ぶと一番長い部分を折り曲げる形で、その両端に背の高いポール2本を使って張ります。残りの頂点はロープを使って地面に固定したり、高くしたければ低めのポールを使って張ります。

離れてみると三角形の屋根のような形になり、その独特な形が魅力的です。ただ、背が低い部分ができやすいので実際にタープの下で過ごすと思っていたより狭く感じます。

レクタタープ

レクタタープは長方形の形の布を張るタイプのタープです。ヘキサタープよりも大きい面積のことが多いです。広い面積の日除けが欲しかったり、大人数でキャンプする場合に向いています。大きい分、ヘキサタープより使うポールやロープの数が多くなり、設営時間もかかります。とはいっても、テントの設営よりは楽です。

筆者は初めの頃はヘキサタープを使っていましたが、今ではレクタタープを使うことの方が多いです。その理由としては、やはり面積が広くてタープ内を自由に歩きまわりやすいことが挙げられます。長方形という分かりやすい形をしているので、撤収の際に畳みやすいのも魅力です。今タープを持っていないとして、どんなタープを選ぶかを考えるとしたらレクタタープにしますね。

ウイングタープ

ウイングタープはひし形のタープです。面積が狭いので一人用のタープです。小規模な分、持ち運びがしやすく、設営・撤収も簡単です。

ツーリングをする人が、休憩するときに設営するというような使い方が向いています。

家族や複数人でキャンプをしたい人には向いていません。

スクリーンタープ

スクリーンタープはドーム型のタープで知らない人が見たらテントにしか見えないタープです。網状の布で周りを囲むことができるので、風を感じながらも虫を寄せ付けないことができるのが魅力です。虫嫌いにはおすすめです。

ただ、全てを囲む分解放感には欠けています。キャンプならではの自然での解放感を味わいたい人には向いていません。また、設営も一枚布タープに比べると大変で時間がかかります。

筆者がキャンプに行ったときに、となりのサイトでスクリーンタープを設営していたのですが、(慣れてないせいもあるのかもしれませんが)暗くなってもタープを設営している音が聞こえていたことがあります。初心者さんには少々ハードルが高いかもしれません。

ですが、最近キャンプに行くと一番よく見かけるのがスクリーンタープです。設営さえ慣れてしまえば、虫が寄ってこないので快適に過ごせるのが人気の理由でしょう。虫嫌いが多いのでしょうか。

寝室となるテント

キャンプと言ったら一番最初に思い浮かぶのがテントですよね。テントはキャンプに行かない人でも知っている通り、寝室として使うものです。キャンプ中の荷物を入れて保管しておくこともできます。

テントはタープに比べて使用する道具が多いので、持ち運び・設営・撤収が大変です。大規模なテントになるほどその度合いは大きくなってきます。なので、テントを選ぶポイントはテントを使用するのは何人なのか?をきっちり把握してからにしましょう。

一人しか使わないのに4~6人用のテントを選んでしまうと、広さを持て余してしまうことになります。使用する人数にピッタリ合ったサイズのテントを選びましょう。

アウトドアショップに行けば使用人数は商品に目立つように表記されています。また、店舗に見本としてテントが設営されていることも多いので、実際に設営されているところを見て自分に合ったものを探すと良いでしょう。

寝るときに必要なシュラフ

シュラフというのは寝袋のことです。夜寝るときに布団代わりに使います。家用の布団と違い、持ち運ぶのに便利なように小さくたためるものが多いです。シュラフには大きく分けて2種類あります。

封筒タイプ

封筒タイプのシュラフは一般的な布団に似ています。封筒状になっていて、寝るときは中に人間が入るように眠ります。一般的な布団と使い方は同じなので誰でも使いやすいでしょう。寒冷地には向いていません。

マミータイプ

マミータイプは体にぴったりフィットするタイプのシュラフで見た目がミイラのようなのでマミータイプという名前になっています。防寒に優れているので寒冷地に向いています。封筒タイプよりも価格が高めです。通常のキャンプではマミータイプを使う必要はないかと思います。寒冷地キャンプする人には向いています。

ランタン

ランタンはランプのことです。キャンプ場は夜は本当に真っ暗になりますのでランタンは必須です。一つだけではとても足りません。3つくらいは欲しいですね。ランタンの種類は主に3つあります。

LEDランタン

LED式のランタンです。とても便利なので必ず一つは持ってほしいです。LED式のランタンは一酸化炭素がでないのでテントの中に入れられます。テント内は暗いのでランタンがないと不便で仕方ないです。キャンプをするなら必ず手に入れましょう。

LEDランタンの欠点としては、光量が小さめということです。テント内で使う分には問題ないですが、真っ暗な屋外で使うと物足りなく感じます。

ガスランタン

ガスランタンはガスを使うランタンです。ガスランタンの良いところは光量が大きいところです。屋外で使うのに向いています。テントにいれてはけません。

短所はランタンを使う前に行うマントルの準備が難しくて大変なことです。筆者もガスランタンを持っていますが、マントルの準備が上手くいかず最初のころは光らせるまでに大分時間がかかりました。最近はガスランタンを使わずにLEDランタンばかり使っています。

ガソリンランタン

ガソリンランタンはガソリンを使うランタンです。3種類の中で最も明るくなるランタンですが、価格が高いことやメンテナンスの手間がかかるので初心者向きではありません。寒冷地でも使うことができるのが特徴ですが、通常のキャンプではガソリンランタンまで使わなくてもいいかなと思います。

バーベキューコンロ

バーベキューコンロは説明しなくても分かる人が多いでしょう。バーベキューがしたい人は必要でしょうが、バーベキュー以外にも食事のやり方はあるのでバーベキューコンロに限らず好きな料理道具を選ぶと良いと思います。

バーベキューコンロを使う際には炭が必要になるので忘れないようにしてください。

まとめ

一般的なキャンプ道具の説明をしました。まだまだこれだけでは完璧なキャンプになるとは言えませんが、この記事で紹介したものを全て揃えれば立派なキャンパーと言えるでしょう。

自分のやりたいキャンプが決まったらお気に入りの道具を少しずつで良いので揃えていきましょう。